1.学校経営基本方針・教育目標
本県教育の基本目標
  とくしまの未来を切り拓く,夢あふれる「人財」の育成(徳島教育大綱)
 とくしまの教育力を結集し、未来を創造する、たくましい人づくり
~県民とともに考え、ともに育むオンリーワン教育の実現~
学校経営基本方針
・一人一人の個性を大切にし、基礎的・基本的な知識・技術を習得させ、商業高校生としての望ましい資質や態度を備えた人間を育成する。
・自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、問題解決に向けて主体的に判断・行動できる
人間を育成する。
・健康や体力の向上を図り、豊かな人間性と高い人権意識を身に付け、自らを律しつつ他人と協調できる人間を育成する。
2.本年度の重点目標
①学校運営の充実
・教職員研修を充実し,意識改革を図るとともに教育観,使命感の確立に努める。
・地域の期待や時代の要請を視野に入れ,教育環境を整備し,特色ある学校づくりに努める。
・職員相互の協力体制を築き,調和と統一のとれた学校運営を推進する。
②学習指導の改善
・生きる力の育成をめざし,基礎・基本の確実な定着を図り,自己教育力を高める。
・新しい学力観に立ち,学習内容の厳選・創造力および指導方法の工夫・改善を行う。
・個性の伸長を図り,専門的な知識・技術を習得させ,スペシャリストへの道を拓く。 
③人権教育の徹底
・人権尊重を基盤とする普遍的な視点をすべての学校教育活動に位置づけた人権教育を推進する。
・これまでの成果を踏まえ,具体的な人権課題に即した個別的・普遍的なアプローチによって人権尊重の理念を深めるとともに,課題解決に向けた実践的な意欲や態度を培う
・学校,家庭及び地域社会との連携を図り,生徒の自主的活動を支援する中で人権意識
の高揚と人権問題を解決する実践力を養う。
 
④生徒指導の徹底
・全教職員共通理解のもとに,家庭との連携を密にし,信頼感に満ちた生徒指導を推進する。
・基本的生活習慣を確立させ,道徳・規範意識を高め,責任を重んじる態度の育成に努める。
・部活動等を奨励し,連帯感や愛校心を培い,社会人として望ましい資質・態度を育成する。
⑤進路指導の充実
・自己の特性を理解させ,自らの在り方,生き方を考えさせる進路指導の充実を図る。
・望ましい勤労観・職業観を育成し,生徒の希望・能力・適性に応じた進路の実現を図る。
・進路開拓を推進し,進路先の確保に努める。
⑥情報化・国際化への対応
・施設・設備の充実を図り,情報活用能力と情報モラルの育成を図る。
・校務のICT化を推進し,教職員間での情報共有とホームページの充実を図る。
・自国の文化を正しく認識し,異文化との相互理解を深め,国際社会に生きる資質を養う。
⑦健康・安全・防災・環境・主権者教育の推進
・生涯にわたって心身共に健康であるための基礎的な身体づくりや,食習慣を身につける。
・自他の生命を尊重し,健康の保持増進と安全・防災意識の高揚を図る。
・整理・清掃・整頓・清潔(4S)を徹底して環境美化に努め、奉仕する態度や公共心を養う。
・学校版環境ISO認定校として実践を推進し、環境問題への関心を高める。
・有権者として,自らの判断で適切に権利を行使できる政治的教養を身につける。