ビジネス研究部(活動の記録)
12345
2019/08/30

令和最初の夏のカンボジア3日目

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
R1夏カンボジア日記3日目


3日目の午前中はカンボジア水泳連盟へ訪問しました。そこではオリパラの水泳候補選手が練習をしており、生徒達は練習している選手を見て感動している様子でした。練習が終了した後、徳島に合宿に来ている選手団の方達の報告を行い、日本からのお土産も渡しました。選手達は終始笑顔でお話を聞いてくださり、「残りのカンボジアを楽しんでください」と私たちを気にかけてくれました。これからも交流を続け、応援していきたいです。


友好学園の生徒と合流し、午後からはセントラルマーケットで市場調査をしました。徳商の生徒は日本に帰って販売をするための仕入れを行い、たくさんの商品を購入することが出来ました。また、友好学園の生徒もなかなか来ることが出来ない場所での調査で、緊張しながらも店員の方と交渉していました。これらの商品の販売活動で積極的にカンボジアについて広めていきたいと思います。明日は友好学園の卒業生が経営している農場、コソルファームへ行きます。カンボジア遠征も折り返しとなりましたが頑張って行こうと思います!



21:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/08/29

令和最初の夏のカンボジア2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
R1夏カンボジア日記2日目

今日はおよそ3時間かけて、カンボジア日本友好学園へ行きました。友好学園は平成24年から徳島商業高校と友好協定を結んでおり、工場の建設や共同商品開発などを行ってきました。午前中は日本に残っている部員達とテレビ会議をつなぎ、焼きふれんじゅうについて意見を出し合いました。ふれんじゅうは過去に共同開発した商品のひとつで、今回は蒸すのではなく焼くという初めての試みでした。友好学園の生徒からは「皮が美味しい」「見た目が綺麗」といった良い意見がある一方、「餡が甘すぎる」などの改善点も出てきました。これらの意見から、さらに良い商品ができるよう改良していきます。

また、午後からは食品加工場に移動し、ヤシ砂糖アイス製造機の仮稼働を行いました。途中で断水するなど想定外の出来事もありましたが、なんとか出来上がりました。今回は糖度計による計測はしていないため少し甘めでしたが、パンに挟んで食べるととても美味しかったです。これから本格稼働に向け準備を進めていきます。明日はカンボジア水泳連盟の方に会いに行きます。ホストタウン特使として交流を深めていきたいです!


21:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/08/28

令和最初の夏のカンボジア

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
R1 夏カンボジア日記1日目

令和元年8月28日から9月2日まで本校ビジネス研究部の生徒5名がカンボジアに訪問します。

1日目である本日は5時間ほどかけ、飛行機で成田空港からカンボジアの首都プノンペンへ移動しました。

飛行機の中では、終わっていない宿題をしている生徒やひたすら寝る生徒など、長いフライト時間を有意義に使っていました。カンボジアは現在雨季であり、外に出ると雨が降っていました。日本で言う梅雨のような天気で気分も下がっていましたが、夜ご飯は焼肉と聞き、生徒達の顔がはにかんでいました。

現地の方の生歌をBGMとし、牛肉や野菜をおいしくいただきました。たまに野菜を持って来る方がいて、最初は何か分からりませんでした、野菜を売っている人は大人だけじゃなくて、私よりもずっと小さい子供も売りに来ていて、考えさせられる部分がたくさんありました。

明日はカンボジア日本友好学園の生徒達と工場でアイスなどの試作を行います。夏休み最後の遠征頑張ります!






21:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/25

冬のカンボジア最終日

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
H30カンボジア日記最終日

今日はカンボジアに滞在する最後の日でした。朝はワニ園に行ってワニの大群を見たり、船に乗って水上生活をする様子を見に行ったりしました。そこにはお店や学校などがあり、生活が成り立っていることが分かりました。

昼食を食べる前に、カンボジアガイド協会の会長であるソティさんに環境や渋滞の質問をしました。お話を聞く中でたくさんの驚きがあり、特に物乞いをしている人は貧困な人だけでなく商売としてしている人もいる、というのにとてもびっくりしました。

その後、ソティさんのお話の中でもでてきた「カンボジア1環境が良い小学校」ワトボー小学校に立ち寄りました。手洗い場の前に手の洗い方がかかれた絵があったり、制服指導の看板が入ってすぐにあったりして、想像以上にきちんと整備されていました。

今回の調査・研究・支援活動で、カンボジアの交通や環境の整備がまだまだ整っていないことが分かりました。それらが少しでも良くなるように私たちビジネス研究部は活動を続けていこうと思います。


21:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/24

冬のカンボジア9日目

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
カンボジア日記 9日目

本日の早朝、アンコール・ワットから見える日の出を見に行きました。

ガイドさんの話によると時期によって太陽が登ってくる場所が変わるらしく、観光ビジネスにとってはリピーターを増やす1つの大きな要因だと思います。

朝食後にも再びアンコール・ワットに訪れました。入口には昔起こった内戦時の銃弾痕が残っており、すごくリアルでした。

その後休憩をはさみ、オールドマーケットに行きました。そこでは、店員が私たちが日本人だと気付くと、自分たちが知っている日本語で話しかけてくれました。日本では、外国人に対して話しかける人はあまりいませんが、このようにどこから来た観光客かを理解し、その時々で言葉の対応を変えていることはすごいことだと思いました。

夕飯の際にはショーが行われ、アプサラダンスや他のダンスを観覧しました。ダンス一つ一つにストーリーがあり、楽しむことが出来ました。


明日はカンボジアにいるのが最後なので気を引き締めて頑張ります。


21:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/23

冬のカンボジア8日目

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
H30カンボジア日記8日目
今日の朝ごはんはカンボジアの料理であるクイティウでした。クイティウは春雨の様な麺と野菜が入ったお汁で、牛肉や海鮮などの種類があり、とても美味しかったです。
その後午前中はプノンペンにあるキリングフィールドに行きました。今日行ったのは、先日行ったトゥールスレンからトラックで運ばれてくる場所だったそうです。また、このキリングフィールドでは「キリングツリー」がありました。キリングツリーとは、たくさんの子どもを打ちつけて殺害した木で、現在その木にはたくさんのミサンガがかけられています。キリングフィールドの真ん中には、大きな慰霊塔がありました。そこは虐殺された方の骨や殺戮用武器が保管されていました。一部の頭蓋骨に穴やヒビが入っており、武器が貫通していたことが分かりました。
カンボジアでは約4年の間に300万人が虐殺されました。このような悲惨な出来事が二度と起こらないように自分の胸にとどめておきたいです。




21:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/22

冬のカンボジア7日目

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
冬カンボジア日記7日目

今日は朝からプレアビヒアにあるコソルファームにいきました。
移動の際、市場でコオロギを食べ、初めてコオロギを食べたのですが、エビのような味がしておいしくびっくりしました。
コソルファームは私たちが建設した食品加工工場に作物提供をしてくれる連携農場です。農場ではパイナップルや胡椒・カシューナッツなど多くの作物を見てまわりました。昨年の冬訪れたときより、建物が増え衛生的になっており少しずつGAP取得にむけて活動が進んでいるんだなと思いました。初めてコソルファームに訪れた生徒の感想として、「コソルファームは思っていた以上に大きく東京ディズニーランドより広いときいて驚いた。カシューナッツをローストする機械を見て、前回は6時間ですんでいたロースト時間が今では21時間かかってしまうと聞いた。それを改善することができれば生産効率が上がるのではないかと思った。」といっていました。GAP取得までにはまだまだ時間がかかりますが、私たちもしっかり連携して頑張ります。そして、オリンピック・パラリンピック納品することを目指し、コソルファームの作物を世界に広げていきたいです。
冬カンボジア日記7日目
今日は朝からプレアビヒアにあるコソルファームにいきました。
移動の際、市場でコオロギを食べ、初めてコオロギを食べたのですが、エビのような味がしておいしくびっくりしました。
コソルファームは私たちが建設した食品加工工場に作物提供をしてくれる連携農場です。農場ではパイナップルや胡椒・カシューナッツなど多くの作物を見てまわりました。昨年の冬訪れたときより、建物が増え衛生的になっており少しずつGAP取得にむけて活動が進んでいるんだなと思いました。初めてコソルファームに訪れた生徒の感想として、「コソルファームは思っていた以上に大きく東京ディズニーランドより広いときいて驚いた。カシューナッツをローストする機械を見て、前回は6時間ですんでいたロースト時間が今では21時間かかってしまうと聞いた。それを改善することができれば生産効率が上がるのではないかと思った。」といっていました。GAP取得までにはまだまだ時間がかかりますが、私たちもしっかり連携して頑張ります。そして、オリンピック・パラリンピック納品することを目指し、コソルファームの作物を世界に広げていきたいです。

21:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/21

冬のカンボジア6日目

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
H30カンボジア冬6日目
今日はカンボジアの教育省に訪問し、交通渋滞について政策提言をしました。教育省の方のお話によると、交通マナーを守れていない人はだいたい若い人で、その人たちは学校の交通マナーについての授業があまり学べていなかったそうです。その他にもカンボジアでは平日は約5人、祭の日では20人以上が交通事故で亡くなっているそうで、その数にとても驚きました。
カンボジア日本友好学園の子とお昼ご飯を食べ、お別れしました。短い間でしたが、とても濃い時間を過ごせました。その後、ホテルに帰って中島さんとシミュレーションをしました。実際に渋滞を見てみて、どうすれば改善が出来るかを意見を出しました。
夕方には、カンボジアの遊覧船に乗りました。みんなで写真をたくさん撮って、綺麗な夕日を見ることもできました。
明日は、朝5:30からホテルを出発し、商品開発のときにカシューナッツなどを提供してくださっているコソルファームに視察に行きます。
21:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/20

冬のカンボジア5日目

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
カンボジア日記5日目

今日は、朝と夕方にカンボジアプノンペンにある、日本橋付近のラウンドアバウトで渋滞調査を行いました。カウンターを使い、車、トゥクトゥク、バイクに別れて計測を行いました。実際に現場に行きカウントし、数値化することにより、具体的にラウンドアバウトの状況や、渋滞が起きる瞬間を見ることができたので、これからの提言や活動につなげていきたいです。


昼からは、オリンピックスタジアムに行き、水泳連盟に訪問しました。今年の夏に訪れたときに撮影し、帰国後に製作した映像を見ていただきました。水泳連盟の選手は、徳島にも一度訪問し、交流を行っていたので、久しぶりに会うことができて嬉しかったです。


映像の感想として、


「とても感動しました。」

「徳島に訪問したことを思い出しました。」

など感想をいただくことができました。

今回の活動をきっかけにより、選手のことを応援・サポートするとともにオリンピック出場を目指して一緒にがんばっていきたいと強く感じました。

夕方からは、徳島商業高校で実践している『未来の教室イノベーション事業』でいつもお世話になっている、中島先生と友好学園の生徒と渋滞ミーティングを行いました。ミーティングでは、ラウンドアバウトのシミュレーションを使い活動を行いました。最初は、シミュレーションの設定に戸惑いましたが、お互いに教え合い最後は楽しんで活動を行うことができました。

明日は、友好学園の生徒と活動できるのが最後なので、交流を深めながら気を引き締めてがんばりたいと思います。





21:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/12/19

冬のカンボジア4日目

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
H30 カンボジア冬4日目

今日は、朝からカンボジア日本友好学園に訪問し、日本友好学園の生徒と校内の衛生調査を行いました。歩いていると、ごみがそのまま捨てられていたり、ゴミ箱はあるけど、ゴミ箱の中に入っていなかったりしていました。

その後、友好学園の中学生に日本の遊びを紹介しました。日本から持ってきた紙風船、お手玉、竹とんぼを使い、一緒に交流できて本当に良かったと思います。徳島の伝統芸能「阿波踊り」をみんなで体験し、楽しい時間を過ごしました。



その後、高校生に衛生チェック授業を行い、ポイ捨てはどういった行為なのか、ポイ捨てをすると、土になるまでに、どれくらいかかるかなどを質問しました。友好学園では、ほうきとちりとりの掃除道具が2種類しかなく驚きました。

午後から、食品加工工場では、ヤシ砂糖アイスにあいそうなフルーツを使って商品開発をしました。その結果、徳商生は、パッションフルーツ、カンボジア友好学園生では、パイナップルを使用したヤシ砂糖アイスの試作を進めることになりました。今後、日本に帰ってからは、テレビ会議をしながら商品開発を進めていきたいと思います。

明日は、友好学園の生徒たちと一緒にカンボジアの渋滞、ラウンドアバウトの視察をします。
21:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345

ビジネス研究部


 徳島商業高校校内模擬会社ComCom(Commercial & Communication)は、平成23年6月に、「人と人とをつなげて新たなビジネスを作っていきたい」という思いで、ビジネス研究部内に設立しました。
 ビジネス研究部は現在、3年連続で全国大会優秀賞(2~5位)を獲得しています。