新着
ブログ
11/24
パブリック
  令和4年11月22日(火)  18名(小学生16名 中学生2名)  四国大会の優勝旗を小中学生に披露し,「今まで一緒に楽しくやってきたから優勝することができた」ことのお礼を伝えてから教室がスタートしました。  ウォーミングアップでは,久しぶりにボール缶を取り出しキャッチボールをしました。続いて高校生がボレーで続け小学生が打ち返す「ボレー対ストローク」練習と,ミニネットを使っての試合を並行して行いました。ボレー対ストロークでは高校生が励ましの声をかけてあげながら,少しずつ安定したラリーが続くようになりました。試合コートでは「ネット際サーブ」など様々なアイディアで小学生ペアが高校生からポイントを取りました。高校生が試合でやっているラケットでのハイタッチも様になってきた?!  
    令和4年11月18日~20日   高知県春野総合運動公園  高知県春野総合運動公園で開催された第45回全国選抜高校テニス大会四国地区大会に出場し,令和元年以来3年ぶり2回目の優勝を果たしました。 1回戦  徳島商業 5-0 香川中央 準決勝  徳島商業 3-2 新  田 決 勝  徳島商業 3-2 高 松 北 ~ 結果詳細 ~  インターハイ後新チームとなり,全国で勝つ新しい目標を設定して練習や遠征試合を重ねて来ました。今大会はその成果を試す試金石でもありましたが,3試合を通して4人の1年生の全勝という活躍が印象的でした。中海はシングルス1として堂々と戦い,ダブルス1の泉・中川は準決勝1-5の劣勢から挽回するなど試合を通して成長,シングルス3の秋山は準決勝,決勝とプレッシャーのかかる状況の中しぶとく粘って攻め,決勝戦1時間40分の試合を制しました。  勝っても負けても次に生かせないのであれば失敗。四国で優勝させていただいた事はチームの自信に,浮き出た課題は全国大会に向け克服していくことが必要です。  7月の高知インターハイを経験してレベルアップされ、「審判のお手本」として各県によい刺激を与えてくださいました...
令和4年11月8日(火)   14名(小学生12名 中学生2名) 「皆既月食とテニス教室が同時進行」という,非常にまれな機会となりました。  ウォーミングアップの後,高校生と小学生がペアになり,高校生がレッドボールを投げてあげて小学生がテニピン(手のひらケット)でラリー・サーブ・スマッシュを打ち返しました。感覚に慣れてきたのでラケットに持ち替え,同じショットを30分ほど高校生と打ち合いました。  その後,中学生2人は1面で球出し練習してから高校生とシングルスの試合へとすすみ,小学生もペアになって試合をしました。テニピンでラリーの感覚をつかんだため,良いラリーが続きました。  そしていよいよ月が完全に隠れるという時,いったん活動を中断し,みんなで楽しく皆既月食を観測。各写真の月の様子を見ると次第に欠けていく様子がよく分かると思います。